第36回公演


あなたも覗く側(観客)から覗かれる側(役者)へ!

この度劇団芝居屋は、劇団入団希望者及び、
2018年11月に行われる第36回公演の出演者を選抜する

ワークショップ・オーディションを開催します。


劇団芝居屋は、「覗かれる人生劇」という俳優主体の芝居作りを目指しています。
劇団芝居屋公演に参加希望の方はお越しください。

あなたの役者としての可能性をこのワークショップで探ってみませんか。
自分の体で表現することに興味のある方はお気軽においで下さい。



【募集概要】

日時・・・2018年7月3日(火)5日(木)10日(火)12日(木)14日(土)
計5回。18:00〜21:30

応募資格・・健康な男女。年齢、演技経験の有無は問いません。

同劇団の芝居に参加したいという意思のある方。
ワークショップのみの参加も歓迎いたします。


料金・・・10,000円
内容・・・基礎的発声練習の後、これまでの上演台本を使い「覗かれる人生」劇の芝居創りの過程を、
追体験していただきます。

稽古場・・・品川区荏原文化センタ−(最寄駅は東急池上線「荏原中延駅」徒歩5分)
応募方法・・住所、氏名、電話番号、年齢、性別、演技経験の有無、写真(バストアップ)を
下記の劇団芝居屋事務所まで、手紙、メールのいずれかでご応募ください。
締切日・・・2018年6月26日(火)消印有効


劇団芝居屋事務所
〒143−0022 東京都大田区東馬込2−7−3−302
TEL&FAX 03−6417−1431

メールアドレス shibaiya3masuda@peace.ocn.ne.jp

メール
↑クリックすると、
メールページへリンクします。




【公演概要】 
公演日・・・2018年11月14日(水)〜18日(日)
劇場・・・・ポケットスクエア ザ・ポケット
チケット・・前売り3500円 当日3800円 学生3000円

ノルマあり
稽古日程・・9月下旬〜週2・3回ほど。1ヵ月前から週6日主に夜間(6時〜9時半)
稽古後半に、数日1時〜9時半稽古あり




≪劇団芝居屋とは≫

私達劇団芝居屋は「現代の世話物」の創造を目指し「覗かれる人生芝居」というコンセプトの下に
役者中心の表現を模索している劇団です。

現在、演劇界は多彩な趣向や表現に溢れています。

それは歓迎すべきことですが、その表現をつぶさに見ていくと、舞台上の主役である役者が、
演出の求める役割の伝達に終始して、役の人間創りがおろそかになっている現場が少なくありません。

その思いの渡し手である役者に対しても、表現に対する新たな開拓を求めてはいません。
しかし私達劇団芝居屋はその努力や視線こそが演劇が見世物に立ち帰るための原点であると確信しています。

私達劇団芝居屋は判りやすさを追求します。

その追求の先にこそ、新たなる表現の鉱脈があることを信じて。

私達はからかいや侮りを恐れぬ演劇表現の専門の者、劇団芝居屋です。
                                          劇団芝居屋主宰 増田再起








2002年2月旗揚げ、これまでに34本の作品を上演。

芝居は見世物であるという原点に立ち帰り、面白くわかりやすい舞台を提供する。
「覗かれる人生」芝居の創造を目標に活動。



劇団芝居屋代表・脚本家・演出家・・・増田再起
1966〜79年 劇団転形劇場所属。
退団後TV・映画に活動の場所を移す。
86年より創作を始める。

「夢の痕」後に「約束」「まつろわぬもの」等を発表

2001・2002・2007年・社団法人日本青年会議所

北方領土返還要求現地大会市民演劇脚本・演出

1986〜毎年 日本舞踊公演の構成・演出


1997〜2006北海道釧路子どもミュージカル

「キッズロケット」脚本・演出

劇団芝居屋全作品の脚本・演出を手がける。